40代でリストラされた⁉【リストラ対象の女性の取るべき行動4選】 | リストラは怖くない!和爺の転職応援ブログ 未来のヒントに出会う場所

40代でリストラされた⁉【リストラ対象の女性が取るべき行動4選】

40代でリストラされた⁉【リストラ対象の女性が取るべき行動4選】

コロナ過の業績不振で中小・零細企業だけでなく

大企業にもリストラの波が押し寄せ始めています。

企業としては収益が見込めない以上、

出ていくお金を減らすことが絶対条件になりますが
男女、年齢を問わず、リストラされても安泰なんて人は居ませんよね。

定年真近の人ならまだしも、

40~50歳代の人にとっては人生設計が狂うほどの事件です。

会社としても男性社員は【家族を守らなければいけない】という前提があるので
素行不良等、会社として好ましくない社員以外はギリギリまで待遇を保証する責任が有ります。

リストラ対象になるのは事務系の女性から

何故かというと事務系の仕事は
1、人の代替が効く
2、業務の振り分けができる
3、作業量は残った人でカバーできる 

和爺
和爺

専門性を持たない「事務」「営業」「販売員」などは
リストラされやすい職種であると考えられます。
さらには、「経理」「総務」といった職種も要注意です。

40代とか50代とか関係なく、男性も女性もリストラ対象

いつリストラされても不思議ではない

・知識の乏しい初心者並みの人でも
 指示とチェックをしっかりすれば替りが務まる。

・例えベテランで仕事を任せられる存在であっても
 給料的には初心者のほうが安い。

・実務をこなすことで初心者ではなくなる。
  
・他の部署に業務の一部又は全部を移管することができる。

・経験上、20%程度の作業量増は
 どんな職種であってもカバーできます。

5人に1人はリストラ対象になっても不思議ではないのです。

独身女性の場合でも、
生活の基盤がなくなるので本当に困ることになります。

もし、非正規社員としての待遇を提示されたら一考の価値あり。

但し、社員という身分がなくなるので常にリストラの恐怖が付きまとうことを忘れずに。

今から考えておこう【リストラされた時の事4選】

自分で就職活動をする

  ハローワークで自分に合った職を探す。

インターネットでも「ハローワークインターネットサービス」で検索できますが、
  退職を決めたとしても、すぐに辞められるわけではありません。

  最低2週間、職種によっては1~3ヶ月の引継ぎ期間が必要ですし、
  引継ぎをして円満に退職することが大切であり礼儀でもあると思います。

  在職中の場合、転職先に採用されたとしても入社時期は自分の都合で決められません。

  採用企業の希望に合わせることが出来なければ採用されない可能性が大きいですね。

新聞の折り込み広告

最近、新聞の読者も減っていますが、

ネットでも配信されていてスマホで閲覧できます。

  地域が限定されているので、自宅周辺で就職を希望するなら良いですが
  基本的に職種も限られる傾向にあり比較検討には向いていません。

転職エージェントに相談

  エージェントによって得手不得手の職種もあると思いますが
  基本的にいくつもの案件を持っており、希望に沿った条件で紹介してくれる。

  在職中の場合、入社時期も相談に乗ってくれる。
  
  スキルがあるとスキルを活かせる案件を紹介してくれる。

転職の前にスキルアップを考える

  ・失業給付金が支給されている間にハローワークの就労支援を利用するのも一考。
   但し、一定期間通わなければならない。

  ・オンラインスクールなら自宅で学べるので負担が少ない。
   逆に考えると、今が学びのチャンスかも。

[リストラ対象の女性】が【あなた】なら今から準備しましょう

「リストラしない・されない」に越したことはありませんが世の中の景気が悪化している今、
 会社を守るために真っ先に整理の対象になるのは【あなた】かもしれません。

家族や自分の夢や計画を諦めることになってはいけません。

「こんな会社いつでも辞めてやる!」
「リストラなんかこわくない!」

いつ、そのような状況に置かれても慌てないように準備をしておきましょう。

派遣で仕事探し

コメント

タイトルとURLをコピーしました