医療法における【病院清掃の受託責任者】とは | リストラは怖くない!和爺の転職応援ブログ 未来のヒントに出会う場所

受託責任者が知るべき医療法

医療法における【病院清掃受託責任者】とは

一般的な【清掃】と【病院清掃】の違いって?
【清掃】とは、辞書を引くと「きれいにすること」です。
【病院清掃】とは、【清潔】で【快適な空間】を作り出すことです。
  では、【清潔】って何?
目に見える【ゴミ】【埃】【汚れ】が無いことを言います。

防災グッズなら防災士店長が厳選した39点セット【ディフェンドフューチャー】

「医療法」では医療機関が清掃業務を外部に委託する場合の基準が規定されており、
その中で、従事者研修の計画的・定期的な実施が定められています。
 そのため、病院清掃の従事者は、清掃の基本的な事項や具体的な用具の
使用方法等に加えて、一般の事務所・テナントビル・マンション等とは異なる、
病院の特殊性に対応した病院清掃の考え方についても理解しておく必要があります。

わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】

医療法施行規則第9条の15第1号により、
病院が清掃を外部に業務委託する際、
受託業務場所に受託業務の責任者として
「受託責任者」を配置する
こととされています。
厚生労働省 健康政策局長通知(健政発98号)第3の9(2)ア、及び認定基準3.(2)①に定める、
受託責任者の有すべき知識として、
①医療機関の社会的役割と組織
②医療法、医師法等の医療関係法規、
 建築物における衛生的環境の確保に関する法律、
 廃棄物の処理及び労働関係法規
③作業計画の作成
④作業の方法
⑤作業の点検及び業務の評価
⑥清潔区域等医療施設の特性に関する事項
⑦感染の防止
⑧個人情報の保護
の8項目が有ります。


施設の清掃の業務(新省令第9条の15関係)
(1)業務の範囲等に関する事項
 ア 施設の範囲
   新政令第4条の7第8号に規定する施設は、診察室、手術室、処置室、
   臨床検査施設、調剤所、消毒施設、給食施設、洗濯施設、分娩室、新生児の入浴施設、
   病室等の医師若しくは歯科医師の診療若しくは助産師の業務の用又は
   患者の入院の用に供する施設をいい、
   給水施設、暖房施設、汚物処理施設、事務室等は、含まないものであること。
 イ 業務の範囲
   新政令第4条の7第8号に規定する清掃とは、
   日常的に行われる清掃業務及びこれに付随して行われる消毒業務をいい、
   環境測定、ねずみ、こん虫等の防除等は含まないものであること。
 ウ 労働者派遣事業により行われる清掃業務との関係
   清掃業務については、請負契約によるものと労働者派遣契約によるものがあるが、
   新政令第4条の7第8号に掲げる業務の委託は、請負契約による業務委託であること。
(2)人員に関する事項
 ア 受託責任者について
   新省令第9条の15第1号に規定する相当の知識とは、
   次に掲げる事項についての知識をいい、相当の経験とは、医療機関の清掃業務を
   含む清掃業務についての三年以上の実務経験をいう。
  ① 作業計画の作成
  ② 作業の方法
  ③ 作業の点検及び業務の評価
  ④ 清潔区域等医療施設の特性に関する事項
  ⑤ 感染の予防
 イ 従事者について
   新省令第9条の15第2号に規定する必要な知識とは、
   次に掲げる事項についての知識をいうものであること。
  ① 要求される清潔さが異なる区域ごとの作業方法
  ② 清掃用具、消毒薬等の使用及び管理の方法
  ③ 感染の予防
(3)構造・設備に関する事項
   清潔区域の清掃業務を受託しない者については、高性能エアフィルター付き真空掃除機又は
   これに代替する機能を有する機器を有することは要しないものであること。
(4)業務案内書に関する事項
   清潔区域の清掃業務を受託しない者については、その旨を業務案内書に明記すること。
(5)従事者の研修に関する事項
   新省令第9条の15第6号に規定する研修は、施設の清掃の業務を適切に行うために
   必要な知識及び技能を修得することを目的とし、次に掲げる事項を含む研修であること。
  ① 標準作業書の記載事項
  ② 患者の秘密の保持
  ③ 受託責任者にあっては、医療法、医師法等の医療関係法規及び労働関係法規

乗り換えも新規もおトク!ソフトバンク光へ変更で工事費無料!【ソフトバンク光】

2004年10月19日、英国健康省は「師長の宣言:より清潔な病院のための行動計画」を公表した。

 これは感染管理への貢献のため、病院内の清潔について下記10項目の原則を
 示したものであり、すべてのNHS(公的保険医療機関)のスタッフに向けたものである。

 1、NHS(公的保険医療機関)を清潔に保つことは全員の責任である。
 2、患者環境を十分清潔に安全に保ちます。
 3、看護師長が病棟全体の清潔文化を確立します。
 4、清掃スタッフを重要な業務に携わる人として尊重します。
   病棟チームの一員であると確実に実感できることを、婦長が計らいます。
 5、清掃のための詳細な責任分担を明確にします。
 6、日常清掃作業を明確にし、合意し、よく周知します。
 7、患者さまが清潔さの標準について監視し報告する役割の一部を担います。
 8、医療に従事するすべてのスタッフが感染管理の教育を受けます。
 9、清掃契約の締結に際しては看護師と感染管理チームが関与します。
   病棟チームの一員であると確実に実感できることを、看護師長が計らいます。
10、病院を清潔に保つために十分な財源を用います。

政令8業務:医療法施行令により「診療等の著しい影響を与える業務」として
      基準の設けられている業務のこと。
      (清掃業務、検体検査業務、患者給食業務、消毒・滅菌業務、患者輸送業務、    
      リネンサプライ業務、医療機器保守管理業務、医療用ガス保守点検業務)

gooから新発売のウォーターサーバー【デイリーウォーター】

コメント

タイトルとURLをコピーしました