身の回りに起こるヒヤリハットやインシデント。アクシデントに発展しないために。 | リストラは怖くない!和爺の転職応援ブログ 未来のヒントに出会う場所

身近に起こる【ヒヤリハット】を見逃さないように

清掃中には、必ず「標示板」を目立つ箇所に提示しています。
よく、「清掃中」とか「足元に注意」などと書かれている、
あの黄色のプラスティックの看板です。

実際、見ていない人の方が大半です。
勿論、こちらでも「滑りますよ」、「危ないですよ」と声を掛けていますが、
しかし、「ヘッドフォン」や「歩きスマホ」をしている人には全く効果なしです。
勿論、近くまで寄って行き、注意を促しますが。

どこの現場でも細心の注意を払っているつもりですが、
やはり、一番気を使っている箇所は、
病院です。色々な病気の方がいます・・・。

身体を治す為に病院に来て、私たちの不注意が原因で
ケガをしたり、体調悪化したのでは
笑い話にもなりません。

『ヒヤリハット』という言葉があります。
よく、「インシデント」と同じ意味で使われます。
思わず、ヒヤリとしたことや、ハッとした事柄を意味した、
単純明快なそのままの言葉です。

gooから新発売のウォーターサーバー【デイリーウォーター】

ヒヤリハット(インシデント)=重大な事故にはつながらないアクシデント」

の重要性は、“災害防止のゴッドファーザー”と呼ばれた
アメリカのハーバート・ウィリアム・ハインリッヒの調査によって指摘されました。
彼は5000件以上の労働災害を統計学的に調べ、
1件の重大な労働災害の背景には、29件の軽微な災害があり、
300件の「ヒヤリハット事例」があることを突き止めました。

(ハインリッヒの1:29:300の法則)

例えば、ヒヤリハット(インシデント)は
 患者に呑ませる薬を時間を間違えて患者に渡した。
 患者に呑ませる薬を他の患者と間違えた。

例えば、アクシデントは
  それを【患者が飲んで体調を悪化させ】重大事故になった。

病院の清掃現場でも注意しないと重大事故につながることが有ります。

ダスタークロスで床の除塵をしていて
途中でモップに持ち替えて作業をしていたら
患者がダスタークロスにつまずいた。

このようなヒヤリハットに対して記録するとともに
速やかな再発防止対策を施し、
「躓いて倒れてけがをした」という
アクシデントを予測して
事前に避けなければなりません。

わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】

コメント

タイトルとURLをコピーしました