あの世とこの世が交流できる7日間・・【お彼岸】 | リストラは怖くない!和爺の転職応援ブログ 未来のヒントに出会う場所

あの世とこの世が交流できる7日間・・【お彼岸】

今日はお彼岸の中日ですね。
お彼岸のシンボルは
春は「牡丹餅」
秋は「お萩」
お彼岸は
「春分の日」「秋分の日」を中日として
前後3日間あります。
最初の日を「彼岸の入り」
最後の日を「彼岸の明け」
と呼んでいます。
仏教では
現世を此岸といい、
生死の苦しみや悩みなどの煩悩を脱した
涅槃(の境地のことを
彼岸としています。
【仏の住む世界が彼岸】と言う訳です。
西方浄土説では、
極楽浄土は西にあるとされています。
これらのことから、
太陽が真西に沈む
春分・秋分の日を
先祖たちが住む世界とこの世とが
交流出来る日として考えられ
仏事を行ったのが始まりとされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました