リストラされた50代女性が転職するのは大変ですが諦めてはいけません | リストラは怖くない!和爺の転職応援ブログ 未来のヒントに出会う場所

リストラされた50代女性が転職するのは大変ですが諦めないで!

リストラされた50代女性が転職するのは大変ですが諦めないで!

初めにはっきり言わせてもらうと
50代の女性が転職先を探すのは大変です。

ましてや、

正社員での雇用を模索するとなると
収入、労働環境等相当なリスクを覚悟しなければ難しいでしょう。

なぜなら

大企業や中小・零細企業に至るまで

中高年女性はリストラの最前線にいるからです。

慣れ親しんだ女性社員をリストラしておいて

同年代の女性を雇用するとは考えにくいですよね?

これが

50代女性が転職するのは
リスクを受け入れる覚悟が必要な理由です。

50代女性の転職が難しい4つの理由

50代女性の転職が難しいのは理由が有ります。

和爺
和爺

・体力も知力も衰えてくる
・小うるさい人と思われてしまう
・仕事経験が多いようで少ない
・物事を客観的に見れなくなる

体力も知力も衰えてくる

年齢的に知力・体力が衰えるのは仕方ないことです。

しかも

会社から見れば長く勤務できる、
即戦力の人材が欲しいわけで
どうしても年齢的に敬遠されがちです。

小うるさい人と思われてしまう

一般的にコミュニケーションが好きで

それが翻って

「余計なおしゃべりが多い」
「人のうわさ話や愚痴・悪口が多い」

となり

人生経験も豊富なので

それが裏目に出て

「自分のやり方を曲げない」

と評価されてしまう事もあります

勿論、そのような女性ばかりではないですが

会社としては警戒してしまいます

仕事経験が多いようで少ない

女性の場合は、結婚とか出産で退職したり

どうしても、年齢に見合った

仕事経験が少ないので

それだけでも不利になってしまいます

自分を客観的に見れなくなる

自分に何ができるのかということを見極めるのは、

意外と難しいことです

あなたの持つ資格や過去の仕事での成果を含め

あなたのスキルを見つめなおすチャンスでもあります

又、会社の求める人材があなたに合っているか

考えが不足していると

転職は苦戦するでしょう

40代でリストラされた⁉【リストラ対象の女性が取るべき行動4選】

50代女性が転職成功するための4つのポイント

50代女性が転職成功するための4つのポイントを紹介します

和爺
和爺

・前向きな気持ちで挑戦する姿勢が必要
・常に謙虚な態度で周囲と接する
・自分の能力と培ったノウハウを整理する
・資格を取得して転職準備をする

前向きな気持ちで挑戦する姿勢が必要

年齢による知力・体力の低下が避けられなければ

工夫でカバーしましょう

例えばメモをとる

メモ帳でもスマホでも

常に持ち歩き、後で見直す習慣を付けましょう

仮に、新しい環境で働くことになったときにも、

その姿勢はきっと役立つはずです。

常に謙虚な態度で周囲と接する

50代の女性は「過度のコミニュケーション」が
敬遠される理由の一つです

年齢にかかわらず転職先では新人です

謙虚な姿勢で周りの人に接しましょう

面接時もへりくだらず、

謙虚な姿勢で臨みましょう

周りと協調できるという印象を

会社にみせましょう

自分の能力と培ったノウハウを整理する

客観的に自分の能力を把握するための方法
1,「何がどれくらいできるのか」を具体的に紙に書き出してみる
2,「使用できるツール」や「取得している資格名」などもさらに具体的に書き出してみる

例えば「事務作業が得意」ではなく

「エクセルやワードを使える」等、

出来るだけ具体的に書き出しましょう

又、資格が有れば具体的に

どのような成果を上げたか

整理すると良いでしょう

資格を取得して転職準備をする

特別な事情が無い限り

雇用保険の受給中に

ハローワークの「求職者支援制度」や

「転職に有利な資格」を取得する等

転職する準備をおすすめします

比較的取りやすいのが

医療事務や簿記とか介護職の資格です

PCの操作に慣れているなら

IT職もおすすめです

自宅で開業することも難しい事ではありません

他にも沢山ありますので

希望する職種について調べてみましょう

50代女性の転職のまとめ

50代の女性の転職事情はなかなか厳しい状況です。

しかし転職を妨げている問題を掘り下げて解決していくことや、

転職しやすい道を模索するなど、

50代であっても転職を成功に導く方法はいくらでもあるのです。

まずは自分の状況を正しく理解し、

情報をしっかりと収集して積極的に動いてみましょう。

きっと、道は切り開けることでしょう。

【マイナビスタッフ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました